【レンタルサーバー今昔】サーバー用語②

/ Blog,Web Tips

こんにちは。
Vivace Factory新村です。

前回、レンタルサーバーの見直しに関して言及しました。
今回もその続きで、ちょっと具体的なサーバーの比較に入っていこうかと。

ただ、私の仕事柄、対象となるのは、中小規模以下の法人様、個人事業主様、クリニックや病院、そして個人でのご利用を目的とされる方です。
法人で大規模サイトを運営されている場合は違ってきますのでご注意くださいませ。

具体的にサーバーを列挙して比較する前に、

「そもそもどういう点に着目して比較をしたらいいのですか?」

「スペックと言われても、数字が大きければ良いんですよね??」
といったご質問を受けることがあります。
確かに、数字が大きければ良いのですが、それでは、価格も大きくなってくるのも当たり前。

20141031

どんなサイトを月々いくらくらいで運用したいか?

が大切になります。
まず、それを理解するための用語をご説明。
以下を踏まえた上で、こちらの資料をご参照ください。
お客様に参考用資料として提示させていただくPDFです。


ところどころ、家賃だったり、広さだったり、ゲスト数や住所など、賃貸住宅のようにたとえてみましたが、いかがでしょうか。
今のレンタルサーバーは、もはやホテル並みの広さ、快適性、設備が整っているのに、家賃は格安というイメージがあります。

あくまでも私見ですが、用語を説明しつつ、一覧を見てみると、大体、”これにしよう!”と決まってくるようです。

こんなご相談も大歓迎です。

Related Archive


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。