【五感を刺激】緑道散歩&ランニングでリフレッシュ

/ Blog,代表独り言,導入事例紹介

フリーランスの私の職場は、自宅の一室。

完全に仕事仕様になっていて、家族も私以外は立ち入らず、でも、お客様もお迎えできるような部屋。

好きな物を置いて。

快適です。

何時間でも没頭できます。

デザインはクリエイティブなのですが、それ以上に、マーケティング戦略やコンサルテーションプランを考える時は、クリエイティブな感覚が必須です。

考え始めると、どんどん集中してしまいます。

でも、当然、煮詰まったり、独りよがりになることも。

そんな私の、手っ取り早いリフレッシュは、緑道の散歩&ランニング。

20160219

延々と続く緑道を、ひたすら走る。

疲れたら歩く。

脳内情報の整理 血流と酸素

「散歩は脳を活性化する」

「哲学者はよく散歩をする」

そんな話、耳にします。

難しいことは置いておくとしても、これ、すごく納得です。

「身体的なことで考えると、散歩くらいの運動が、ちょうど血液の循環を良くして、酸素が十分に供給されるということでしょう。

酸素という栄養分がきちんと脳に届けば、脳も活発に動いて、脳内情報が整理されていく。」

私は、こう解釈しています。

ランニングや自転車じゃ、運動負荷的にそうはいきません。

ただ、脳内の情報整理よりも、もっと、違った刺激が加わるので、リフレッシュにはなりますが。

五感を刺激して リフレッシュ

五感を刺激、特に自然の環境で刺激すると、脳の活性化につながると言われていますね。

厳密には、緑道の散歩やランニングで五感全てを刺激できるわけではありませんが、かなりの刺激であることは確かです。

 

視覚:
四季折々、毎日違った景色を楽しませてくれる緑道。同じ木々でも、毎日色が違って見えます。
川のせせらぎ、木漏れ日、空の色、雲の形、様々な鳥たち。

聴覚:
好きな音楽を聴いていますが、音量は低めに。
すれ違う子供たちの笑い声、それだけでもリフレッシュします。

嗅覚:
季節ごとの代表的な花の香りはもちろんですが、土やコンクリートの匂い、木々の匂いも感じることができます。

触覚:
靴を通して感じる、大地の感触。
レンガやタイル、砂利道や土。
足指に感覚を感じるように、走ったり歩いたりしています。

味覚:
これは、あまりないかも…
しいて言えば、汗(笑)

何よりも、こんな素晴らしい環境が家のすぐそばに広がっているこの町に、感謝感謝。

何でも良いから一人でできるリフレッシュ方法を

 

個人でこういう仕事をする場合、自分自身でリフレッシュさせる方法は必須です。

よく、聞かれます。

私も、以前は、ジムに通ったり、プールで泳いでいました。

今でも好きですが、移動したり、時間を合わせるのが難しくなってたのが現実。

 

煮詰まってくると、考えながら筋トレしたりします。

ヨガや瞑想をする、という友人もいます。

要は、自分の精神状態を安定させる方法は、自分自身で完結できること。

一人でできるリフレッシュ方法を持ってますか?
もちろん、定期的に他の人の力も借ります。

リンパドレナージマッサージや、マツエク、ネイル。

外からの刺激を受けつつ、内側から自然にテンションをあげて。

せっかく好きな仕事をしているのだから、無理せず自然に楽しみたいですね。

Related Archive


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。