【会社勤務時代の遺産?】フリーランス初期の話

/ Blog,Information,代表独り言

Vivacefactoryをたちあげて15年目に突入し、色々なコメントを頂きありがとうございます。

しつこいですが、ずっと順調に続けてこられたわけではありません。

ただ、一つ、貫いていたのは「やめちゃいけない」という思いだけ。

一旦、仕事人としての自分から完全に離れてしまったら、そこに戻るのがとても大変、ということを本能的にわかっていたので。

これから、何回かに分けて、14年、振り返ってみます。

第一弾は初期の時代。

立ち上げから、長男出産までのお話。

とにかく暇になったら嫌な初期

2001年の秋頃、会社を退社し、2002年にVivacefactoryという屋号を冠して活動を始めました。

当初は、紹介などで、都内の企業さまに週に数日出社してWeb関連の作業をさせていただいていました。

就職してから、常に、何人分もの仕事をこなし、ず~っと走り続けていたのですから、

「仕事をしない時間」というのが信じられなくて

暇になるのが怖くて

ご連絡いただいた案件は、とにかく応じるようにしていました。
営業というものはせず、会社勤務時代の遺産を食いつぶしていたような感じなのでしょうか。

フリーランスの登録サイトにも色々と登録していました。

もうだいぶ前のことなので、当時登録していたサイトは忘れてしまいましたが、そこからの案件もたまにあったと思います。

とにかく、暇な時間を作らないように、色々と種をまきつつ、今あるお付き合いを切らさないように頑張ってました。

仕事のメインは、Webデザインとhtmlでの制作作業。
今と比べると、とてもシンプルで、テーブル構造真っただ中でした。

長男を授かって無敵の充実期

日韓共催サッカーワールドカップの頃、待望の第一子を授かりました。

そこからは、意識がちょっと変わってきて、自分の時間を充実させること、「質」を重視するようになってきます。

週に2~3日、都内の企業さまに出社しつつ、

週に1日、マタニティスイミング。

週に1日、ゴスペルを歌う。

ちょっとした仕事も挟み込みつつ、月に1度程度開催される、母親学級にも参加して地元の知り合いも増えてきました。

全ては、自分の体を守りながら、精神的に充実した毎日を過ごすため。

日々変わっていく自分の体に戸惑いながらも、やりたい仕事があり、趣味も楽しんでいたこの時は、まさに無敵。

充実の日々でした。

楽しくて、幸せで仕方がなかったのです。

 

でもね、でも。

出産と同時に、こんな日々がガラガラと音を立てて崩れ去り、全く違う日々が私を待っていたのは言うまでもありません。

Related Archive


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。